顧問の音楽帳

一日一枚





一日一枚ずつKarajan 60s recording BOXセットの中のCDを、例によってFLACに
変換してパソコンに取り込んで聴く一方、AppleLosslessに同時に変換して、iPodに
取り込んで通勤の行き帰りに聴いています。
そして、いよいよBeethovenの交響曲全曲シリーズに到達しました。

彼の60年代のBeethovenのシンフォニーは、ピリオド奏法を取り入れた現代の
演奏からすると至極まっとうなものですが、いずれも高いレベルの演奏、ようするに
粒が揃っていてまとめて聴いても裏切られないということです。今では普通となった
Beethovenの交響曲を全集としてリリースすることが、このときに確立したというのも
頷けます。

それにしても、このジャケットのカラヤン、かっこいいですね。
[PR]
by michinokuhitori | 2012-02-19 11:37
<< 顧問の音楽帳  神頼み! >>