顧問の音楽帳

歴史の作り出す偶然のおもしろさ

今日はバルトークと並ぶ20世紀に活躍した作曲家ハンガリーの作曲家コダーイ
(1882-1967)の”ハーリ・ヤーノシュ”(テンシュテット指揮、ロンドンフィル)を
聴いていました。すばらしい演奏ですね。
この指揮者はがんのため、まだまだこれからという時に亡くなったのが大変残念です。

a0081345_9554018.jpg
(Klaus Tennstedt The Great EMI Recordings CD No.13)

しかしこの曲、あれっ?どこかで聴いたメロディだなと途中で感じ始めました。
特に終曲など、ヤナーチェク(1854-1928)の”シンフォニエッタ”の中に出てくる
舞曲風のメロディとソツクリでビツクリ。
(ちなみにシンフォニエッタは村上春樹が小説1Q84で取り上げて、一躍注目を
 浴びたようですね。まだ読んでませんが。)
こちらの曲の舞台がブルノというモラヴィア地方(現チェコ)の中心地。
そういえば、昔モラヴィアはハンガリー帝国に支配されていたんですよね。

コダーイがハンガリーを中心に民族音楽の収集を精力的にしていたことは有名で、
恐らくそのときにモラヴィアに残る民族音楽も集めたんではないでしょうか?
一方、ヤナーチェクも自国モラヴィアの伝統音楽を研究し、作品に生かしてていた
ようですから、その辺りに接点があるのかもしれません。

二人の間に交流があったかどうかは定かではありませんが、歴史があやなす
おもしろさを感じます。
[PR]
by michinokuhitori | 2012-03-27 21:30 | 音楽
<< 顧問の音楽帳 顧問の音楽帳 >>