人気ブログランキング |

100円ショップのタンバリン

お買い物袋を持って、指揮者登場。
中から出てきたのは、100円ショップで買い求めたという打楽器の数々。
タンバリン、カスタネット、太鼓 ‥‥‥。
最近の100円ショップって、こんなものまで置いてあるんですねぇ。まあ、タンバリンといっても、張ってあるのはビニールだし、枠についている小型シンバルみたいなものはアルミですが、、。
にぎやかな踊りの雰囲気を味わうための小道具として使ってみようと思ったそうです。

スペイン語で、野外のエネルギッシュなダンスのことを「バイレ」といいます。フラメンコの踊りも「バイレ」ですよね。「踊り」には、「バイレ」と「ダンス」と二つあって、宮廷ダンスのように、洗練された身のこなしと衣装で魅了する踊りを「ダンス」、大道芸のように飛び跳ねたりダイナミックなものを「バイレ」というふうに分かれています。

{B}のところはダンスです。まっすぐな体のラインを意識して、ピンポイントで立つように。
1ミリも狂わないような感じで弾いてください。前の音を少し強く意識するとつんのめらないので、1,2,3,でだんだん弱くする工夫が必要です。垂直にぴっしりと立つムーヴマンと、トリルなどで水平に動くようなムーヴマンとのコントラストが見せ場です。
そして、51小節目、ff になったところから一気に「バイレ」になります。この、”一気に”というところが大事なのです。ダイナミックに爆発してください。決して「手踊り」にならないように!!
ここでタンバリンが登場です。100円とは思えない迫力!
いまひとつテンションが上がりきらない私たちをあおるように、指揮者自ら熱演です。
ほんとにすみませんねぇ。私たちがふがいないばっかりに、、、。

きょうの練習で、一番初めにまず最初から最後まで通してみました。
「今の演奏だと、全く意味不明の所がたくさんありました。この間の練習で良い感じの雰囲気を出せたところもありましたけど、あの演奏ときょうの演奏の差はものすごく大きいものがあって、今のだと、本当に何のために音が鳴っているのか全くわからないです。上手下手に関係なく、作品の中に踏み込む態度が必要です。下手でかまわないんです。下手だと音楽ができないのか、というと、そうではない、というふうに答えたいと思いますので、持っている技術の中で作品の中に踏み込むことが一番大事なことです。決して、上手に弾こうとか整えようとか思わないで、中にはいっていくことを恐れないでください。」
という、指揮者からのコメントがあったのです。

いつまでたっても、なかなかフレーズのキャラクターをつかみきれない私たちに、身を持って(タンバリンを持って?)教えてくれたのでしょう。 (^^;)
by michinokuhitori | 2006-09-26 00:16
<< 記号から離れましょう! 崩れ落ちる快感!? >>