装飾はフランス式

バッハの「Air」に加えて、同じギターの変則調弦でアレンジした「メヌエット」(BWV1066/5-6)の楽譜が渡されました。
きょうは、楽譜を配ったばかりなので、とりあえず弾き方の確認をしました。

「メヌエットⅠ」はギター5人中、3人がピチカート(実はファゴット奏法)、2人が実音です。ピチカートはオリジナルではバロックファゴットです。ブレンドすることで新しい感じが出せることを期待しています。
マンドリン属は、4分音符、8分音符、16分音符がピッキング、2分音符はトレモロ。(付点4分音符は音を出してみてから決める予定です)

「メヌエットⅡ」はスラーがついているところはトレモロ、ないところはピッキング。アーティキュレーションを少しオーバーに表現したいと思います。

8分音符が出てきた時には基本的にデタシェ(<分離して>という意味)。管楽器だとタンギングをはっきりするような感じです。撥弦楽器でやるのは難しいのですが、なんとかそこを表情をつけてやれるようにするとスラーとの区別がつくと思います。
4分音符や8分音符のレガートとデタシェの区別を、どのくらいマンドリンアンサンブルの中で生み出すことができるのかということが、表情を生み出していく上での勝負になります。今まであまりこういう練習をする機会がなかったので、この機会に取り組んで腕を上げてください。

マンドリンパートに装飾音符がたくさん出てきますが、この装飾はフランス式です。
当時、フランス音楽とイタリア音楽はまったく違っていて、どちらがきれいかなどど論争になったこともあるそうですが、バロックの初期、中期あたりまでは、フランスとイタリアがバロック音楽に花を開かせていました。装飾音符の弾き方も、フランスとイタリアではまったく違っていたのです。
バッハ、ヘンデル、テレマンはみんなドイツなので、バロック音楽というとドイツというイメージがあるかもしれませんが、ドイツは後進国。
ですからドイツは、イタリアとフランスの良いところをとりいれた混合様式です。トリルはフランス様式をバッハはそのままもってきています。基本的にフランス式は上からかかり,最低1回がルール。
最初の引っかかりのトリルというのは、アッポジャトゥーラ(前打音)。アクセントがかかる非和声音で、この引っ掛かりが重要です。ここでバスの中で何かの音とぶつかります。はみ出て緊張のある音が最初強調されるというのが、フランスバロック、ドイツバロックのトリルです。バッハをやるときは原則としては非和声音だという意識があることが大切です。

トリルは、1、引っかかり(アッポジャトゥーラ)
      2、飾り
      3、締めくくり(後打音)
という3つの部分に分かれて構成されます。指がうまくいかないときや、時間がないときは後ろのほうから省略されます。速いものは締めくくりの音が入れられない。もっと時間がないときは飾りを省いてもいい。最低引っかかりが必要。最悪の場合は、全て無し!でもあり得ます。
この曲は中庸のテンポの曲なので、トリルは優雅な感じで弾いてください。あまり高速のトリルにならないように。


後半は、バッハの「Air」を練習しました。
今までに何度もお話していますが、「Air」は2小節セットです。(ちなみにメヌエットも2小節セットです)
きょうは、楽譜に2小節ごとに区切りを入れてみて、2小節ごとに次のブロックに入るという意識を持って弾いてみました。
この2小節というのは、主に調性です。調性が何に属しているのかということで表情が変わっている、というように考えられます。調というのは、この時代の音楽には重要です。バロック音楽の始まりというのが調性の確立されたところです。バッハは、150年続いたバロック音楽の最後のところの人で、バッハによって可能性も限界点も出してしまったようなところがあります。
調をどう当てはめるかということがバロック音楽にとっては重要で、それを感じていかないといけないので、2小節間同じ調にいる(途中で変わるところもあるかもしれませんが)ということで、何かを感じて、感じたなりに音を出してみるということが大切です。
[PR]
by michinokuhitori | 2007-06-27 16:22
<< 「自然なもの」と「ぎくしゃくし... きれい汚い?トリトヌス(tri... >>