「間」の美学


   青空みたら 綿のような雲が
   悲しみをのせて 飛んでいった

   (リフレイン)
   いたずらが過ぎて 叱られて泣いた
   こどもの頃を 憶いだした

   夕空みたら 教会の窓の
   ステンドグラスが 眞赫に燃えてた

   夜空を見たら 小さな星が
   涙のように 光っていた


武満徹の「小さな空」は1962年、TBSラジオドラマ「ガンキング」の主題歌になり、その後、武満さんの手によって混声合唱曲に編曲されました。
歌詞を読むと、子供の頃の思い出の中に、単に懐かしさだけでなく、悲しみやほろ苦さのようなものを感じます。武満さんが子供の頃というのはちょうど戦争の時代。貧しく苦しい生活の中で悲しい思い出もたくさんあるのでしょう。

武満さんの楽譜の中には、rall.......//とか、riten..../ とか意味不明な記号がたくさんあります。タイになっている最初の音にテヌートがついているというのもあります。武満さんは、この意味不明な記号の中に、日本人特有の「間」というものを表現したかったのでしょう。日本は「間の文化」といわれますが、音楽の中でも、カウントできない独特の間合いをみんなで感じて、その時の共通の気配で決めてぴったり合う、というのが日本人の特質だそうです。

先日もあるテレビ番組で、「鼓」のことを取り上げていましたが、「息を合わせて間を作り、大鼓小鼓の音色を生かす。」というようなことを言っていました。この間が非常に重要で、間が音を活かすのだそうです。「間によって日本人が自然の中で培ってきたイメージを引き出すのです。」というようなことを鼓の奏者の方は話していました。
もっとも、最近はKYな日本人が増えていますから、こういう独特な間合いというものをどれくらい感じられるかは疑問ですが、演奏するメンバー全員が同じ空気を感じて息を合わせられたら素晴らしいですね。

武満さんは、こうして「間」を作りだすことで、沈黙を喚起しようとしました。「沈黙、静けさこそが永遠だ」という言葉を好んでいたそうですが、武満さんの曲が沈黙の世界からやってきて、また沈黙に帰っていくということを感じさせる音楽が多いのもうなずけます。特にギターが大好きだったそうで、音を出した後に自然に減衰していく、というのは撥弦楽器の宿命ですが、常に沈黙と隣り合わせにあることを気づかせてくれる楽器として、ギターのサウンドが一つのモデルとなって武満さんの中にあったようです。

後半に出てくるギターのハーモニックスは、3番の歌詞の「涙のように光っている小さな星」をイメージして指揮者が編曲しました。
夜空に少し悲しげに瞬く星・・・・・
混声合唱とはまた一味違った、撥弦楽器ならではのサウンドで「小さな空」を演奏できるといいですね。
[PR]
by michinokuhitori | 2008-05-30 12:29
<< 雑感  ~コンミスのひとりごと~ 夜の静寂の中に >>