カテゴリ:未分類( 83 )

顧問の音楽帳

私はアマチュアのマンドリンアンサンブル団体の顧問をしています。
自分は演奏しないのですが、少しはクラシックを愛好するものとして、距離を置いて客観的に活動を見ることができるだろうということで、その団体から、そんな役を振られた訳です。実情は、裏方、パシリ?かも知れませんが (^^;)。

a0081345_23362929.jpg

写真とブログの内容とには、直接の関連性はありません (^^;)

そうやって長年(といってもちょうど7年ですが)付き合って行く中で、この団体だけではなく、関連の他の団体も含めて、地方におけるアマチュア音楽団体のあり方というものの難しさ、問題点をいろいろと考えさせられました。

一般的に言っても、何を目指しているかによって団体のあり方が大きく異なります。その技量はともかく音楽好きが集まって、一緒に舞台に上がれればOKと言うところもあれば、ある意味体育会系の乗りで練習に精を出す所もあるようです。

しかし、いずれもプロの音楽団体とは違います。演奏のレベル云々を言っているわけではありません。有名プロオケの手抜きの地方公演(よく見かけます)より、一年間かけて練習してきたアマオケの演奏の方に魅力を感じることは往々にしてあります。

では何が違うか。それは特に地方において、その活動自体を客観的に評価する尺度が必ずしも存在しないということです。全国レベルのコンクールに出るというのであれば別ですが、そういったものと無縁なアマチュア団体の活動は、批評家の厳しい評価を受けることは一般的にはなく、ある意味自分たちが満足出来たかどうかが重要なわけです。その点がプロとアマの違いの大きな点の一つでしょう。

そして地方の、いわゆるプロの団体がいない所では、そのようなアマチュア団体がプロの団体の代わりをさせられる(あるいはそういう役を自ら荷なっていると自負する)場合があり、そこに大きな錯覚を生む素地が存在すると思います。自意識が肥大するとともに、他の批評を拒むことになってゆき、ますます客観的な指標を見失い、演奏のレベルが低迷するといったこともおこるようです。その一方で、向上心を強く持つ部員は、場合によって団体の和を乱す要素として、阻害される存在にもなりかねません。

私の中で、もちろんこれに対する的確な回答があるわけではありません。ただ、地方のアマチュア音楽団体が、向き合うべき問題の一つであるとおもいます。
[PR]
by michinokuhitori | 2013-01-27 23:39

顧問の音楽帳

危 惧

あれから早いもので4年が経ったんですね。
なにがって、プリマヴェーラのチャペルコンサートです。

そのときに作ったのがこのCD
a0081345_2156877.jpg

(マンドリンアンサンプル研究会プリマヴェーラ チャペルコンサート 2008)

おかげさまでこのCDも500枚作ったのですが、おおかた捌けました。
私も顧問として(マンドリンを演奏しないので(^_^;))、そのジャケットに以下の文を
寄せさせてもらいました。

今読み直しても、そのときの思いは変わっていません。

***********************************

プリマヴェ-ラのCDに寄せて

クラシックにおいて近年めざましいのは古楽アンサンブルの隆盛である。
とにかく古楽器でバロック音楽を演奏すればよかった時期を経て、
今ではそこで培われた新たな解釈・奏法をそれ以降の楽曲に当てはめて、
クラシック界に鮮烈な息吹を吹き込んでいる。古楽演奏の旗手、アーノンクールや
ノリントンらがモダン楽器のオーケストラの指揮に引っ張りたこなのが、
それを如実に示している。絵画・彫刻などと違って音楽は再生芸術であり、
演奏というプロセスを経て我々に提供される。そのため演奏者にその音楽の
生死が委ねられているといっても過言ではない。

では、マンドリン演奏の現状はどうだろうか?
その回答はここでは差し控えるとして、そもそもプリマヴェーラという団体は、
マンドリン演奏という括弧で括ることなく、演奏の基本であるアンサンブル本来の
姿に立ち返り、各楽器の個性を引き出しつつ、全体の調和を動的に取る事を
目標に練習を重ねてきた。指揮の野村氏の注力は無論そこにあった事は想像に
難くない。

もちろん実際の演奏は理想にはまだまだ遠く、個々の演奏技術の向上も望まれるが、
なにより今回のチャペルコンサートは、多くの暇癖にもかかわらず、 その目指す方向が
間違っていなかった事を雄弁に語っていると思う。これまでのマンドリン演奏には
なかった新しい息吹が感じられるというのは言い過ぎだろうか?
その判断はこのCDを聞かれる方々に委ねたいと思う。

(2008.10.4)

***********************************

残念ながらマンドリン界はその当時と少しも変わっていないようです。
オーケストラの基本はアンサンブルであるというのは、音楽の世界では常識だと思って
いたのですが、ここではそうではありません。
人気のあるいくつかのマンドリンオーケストラが演奏をYoutubeなどに載せて
いますが、確かに一人一人の技量は高いものの、各人が格闘技の如く最大音量で
かき鳴らしているとしか聞こえず、アンサンブルの本質とは遠いところにあるように感じます。
まるで体育会系の部活の乗りです。

大相撲が、その閉じた世界において、伝統という名に隠れ、それ以外の世界では
とうてい通用しない価値観を固守して来たがために、それがいつの間にか変性し、
ついにはその世界が内部から崩壊しかねない状況に陥っています。

願わくば、マンドリン界がその轍を踏むことのないように願うばかりです。
[PR]
by michinokuhitori | 2012-03-03 22:08

顧問の音楽帳 

嵌まっています


モーツァルトミサ曲全集(Peter Neumann指揮, Collegium Cartusianum,
Koelner Kammarchor )

このボックスセット(ほんとにいいの?っていうくらい安い)を買った直後は、
あまりにおもしろくてぶっ通しで聴いたのですが、最近また思い出したように
聴いています。

例えば、CD1の最後のSpatzen-Messe(すずめのミサ?)
そのBenedicutusのたたみかけるようなエンディングのところなど、愉快な
オペレッタを聴いているような錯覚を起こします。

ほんと、ミサ曲がこんなに楽しくっていいんかいと、ツッコミを入れながら
聴いてしまいました。まあ、ミサ曲をそんな風に聴くのは不謹慎と云われそうで、
あまり大きな声では云えませんが。

天才モーツァルトの天才たる所以は、このように決して自己の中心の仕事では
なくても、あるいは気が進まず仕方なく(?)作った作品も、誰にもまねの出来ない
ものに成ってしまうと云うことでしょうか。

興味ある方は聴いてみてはいかがでしょうか。といっても、いかに安いとは云え、
試し聴きにBOXを買うはあり得ませんよね。Amazonで1曲100円で(別の団体の
演奏ですが)ダウンロードして聴くことが出来ます。
気になる方はお試しを。
[PR]
by michinokuhitori | 2012-02-27 23:30

顧問の音楽帳

一日一枚





一日一枚ずつKarajan 60s recording BOXセットの中のCDを、例によってFLACに
変換してパソコンに取り込んで聴く一方、AppleLosslessに同時に変換して、iPodに
取り込んで通勤の行き帰りに聴いています。
そして、いよいよBeethovenの交響曲全曲シリーズに到達しました。

彼の60年代のBeethovenのシンフォニーは、ピリオド奏法を取り入れた現代の
演奏からすると至極まっとうなものですが、いずれも高いレベルの演奏、ようするに
粒が揃っていてまとめて聴いても裏切られないということです。今では普通となった
Beethovenの交響曲を全集としてリリースすることが、このときに確立したというのも
頷けます。

それにしても、このジャケットのカラヤン、かっこいいですね。
[PR]
by michinokuhitori | 2012-02-19 11:37

神頼み!

音楽ネットワーク弘前の合同演奏会、いよいよ明日に迫りました。

まあここまで来てジタバタしても仕方ないのですが、不安材料がたくさん・・・・

1stの弱音器の装着に思いのほか時間がかかります。
焦るとなお時間がかかる・・・
ここはぜひ平常心で、落ち着いて取り組みましょう。


どんなに真面目に、どんなに時間をかけて取り組んでも、
できないものはできないのだ、という現実を受け止めることも必要です。
限られた能力の中でできる、最大限のことをみんなでがんばってみる。

そして・・・あとは神頼みです。

できないものができるようになる、という奇跡は起こりませんが、
積み重ねた時間は何かしら味方してくれるのでは、と思っています。

がんばりましょう。

  
 弘前音楽祭
 「音楽ネットワーク弘前合同コンサート」
   
   日時:11月28日(日) 12:30開場 13:00開演(17:00終演予定)
   会場:弘前市民会館大ホール
   入場料:500円(中学生以下無料)

プリマヴェーラは、出番1番です。(13:00~13:15)
弱音器を装着したマンドリンアンサンブルは、おそらく初めてだと思います。
興味のある方はぜひ聴きにいらしてください。
[PR]
by michinokuhitori | 2010-11-27 23:09

保続音・・・・・・セレナーデ④

34小節目の1拍目のギター、3弦の音は鳴らしにくいのですが、弦楽合奏版のCDを聴くと、この音の上下が逆になっています。

「その方が鳴らしやすいし楽器法としても自然です。気が変わったらそれでやるかも・・・」と言う指揮者。

とりあえず作曲者を尊重するとどうなるか、ということを体験しておきたいので、今のところはそのままやります。

34小節目以降はしつこいくらい「ソ」が多いです。この、ソは保続音だと思って弾いてください。保続音というのは、簡単に言うと、金縛りにあうような感じで、それが続いたらそこから抜け出たいという思いにかられる感じです。上で和音が変わっても、同じ音が鳴っているとそれに呪縛されてしまうという効果なので、抜け出すとすっきりします。
1stも、2分音符のソは保続音だと思って弾きましょう。


11月28日(日)音楽ネットワーク弘前の合同演奏会でこのセレナーデを演奏します。
弱音器をつけての初めての演奏です。
マンドリン合奏の醍醐味は迫力!と思っているマンドリン関係者たちが多い中で、ただでさえ小さな音を、あえて弱音にして演奏するというのは勇気がいります。また、最近は、日常生活の中でも常に音があふれ、聞く努力をしなくても自然に音が耳に入ってくることに慣れている私たちですから、小さな音に耳を澄ます、という経験があまりなく、“聞こえない!”とも言われかねません。

でも、「人前で演奏するということは、どんな批判も受ける覚悟をしなければいけない」という指揮者の言葉を真摯に受け止め、
“研究会 プリマヴェーラ”は、マンドリンの新しい響きと可能性を求めて、演奏してみたいと思います。
[PR]
by michinokuhitori | 2010-11-16 00:43

和音の変わり目・・・・・・セレナーデ③

この曲は、拍子記号が2分の2拍子となっていますが、これはいわゆるアラブレーベとは考えないで、速めの4拍子として考えましょう。
(以前やった、モーツァルトのアイネクライネでもありましたよね)

セカンドとマンドラは8分音符のピチカートが1小節に8コ出てきますが、ここは4コ4コで意識します。(一般的な、4拍めを↑、次の1拍めを↓というようなことはあまり考えなくていいです。)
セカンドは、3度音程を、マンドラは6度の跳躍をきれいに躍動させます。この運動性の違いを意識しましょう。セカンドは穏やかな小波、マンドラは少し大きい波、という2層構造になっています。このピチカートの粒が聞こえることによって、ある程度の小気味よい運動性やユーモラスな響きがそこに託されます。その上に、全く性格の違うメロディーが流れる、というコントラストを楽しみたいと思います。
優雅に泳ぐ白鳥のごとく、水面下では足をバタバタと、結構疲れる動きをしている、ということですね。


冒頭のファーストは、フレンチデタシェ風に弾きましょう。動き出してちょっと止まるようなアクションが次へのニュアンスを引き出します。
この曲は、和音がメロディーを支えていく和声なので、その和音が変わっていくところの注意が必要です。特に、小節の中で変わるところは気をつけましょう。

1小節目と2小節目で和音が変わっていきます。
3小節目は、1,2拍目と3,4拍目で和音が違います。
セカンドのファの音が次の4小節目のミで解決。4小節目のファも同様です。
ごくわずかですが、このあたりはファが出てきたら緊張です。極端にやる必要はありませんが、ちょっと意識することが大事です。
全体の緊張がそこで決定されるということで、ここはセカンドが重要になります。

13小節目、ギターの、シの瞬間に和声が変わります。
マンドラは1拍目のソは、3,4拍めのソとは違うので意識してください。
(3,4に緊張です)
14小節目、ギターのラも大事な音。

そしてメロディーは、ピチカートが透けて見えるくらいのバランスで弾くのがベストです。

こういう和声の変わり目というのは、極端に強く弾くというようなことではありませんが、そこを意識することが大事です。無意識に弾いてしまうと、ハーモニーが変わってもメロディーにそれが反映されず、それこそ何もない演奏になってしまいます。
ファーストのメロディーも、2分音符で音が伸びている間にピチカートパートの和音が変わっていくというところは、何かをするわけではありませんが、意識しておきます。

みんなで曲の構造を理解して、それを意識しながら演奏するということが、音楽的な演奏につながっていくと思います。
[PR]
by michinokuhitori | 2010-11-12 00:26

弱音器・・・・・・セレナーデ②

スコアの最初に、「con sordino(弱音器をつけて)」という指示があります。
バイオリンやビオラを模倣するわけではありませんが、弱音器の役割、ピチカートに託した音、というのは何か意味がある、ということで、それを再現してみようと思います。
とはいえ、マンドリンには弱音器というものがありません。そこで苦肉の策として、自家製弱音器なるものを作ってみました。

材料は輪ゴム3本。
3本の輪ゴムをつなぎ、使用する弦(E・A・D)のブリッジ際のところで1本ずつ弦に回すようにしてかけていき、ゴムの両端を、弦の端を止めるテールピースのところにひっかけます。
(装着に30秒くらいかかりますが、あわててパニクると1分以上かかってしまうので、熟練が必要です)

また、ピチカート組の、セカンドとマンドラは、いわゆるピチカート奏法で8分音符を延々と弾き続けるのは大変なので、ティッシュペーパーを細長く折りたたみ、ブリッジの際のところに詰め、ピックではなく親指で演奏します。

原始的ではありますが、この「輪ゴム」「ティッシュ」というのが、音的には一番良いと思います(^^)v

現在、プリマヴェーラの、もの作り職人O氏が、簡単に装着できる弱音器を開発中で、試作品も何作かできています。
成功の暁には、プリマヴェーラのCDとともに、販売したいと考えています。
[PR]
by michinokuhitori | 2010-11-10 22:57

ハイドンのセレナーデ・・・・・・①

ハイドンのセレナーデとして長年親しまれてきたこの曲は、
「弦楽四重奏曲第17番ヘ長調(Op3-5)」の第2楽章です。
後の研究の結果、この曲の本当の作曲者は、オーストリアの修道士、ローマン・ホフシュテッターであることが明らかになりました。

ホフシュテッターはハイドンの信奉者であり、ハイドンの音楽様式に倣って自らも作曲をしました。それが明らかになってから、この曲自体演奏されることが少なくなってしまいましたが、第2楽章は、今でも「ハイドンのセレナーデ」としてBGMなどにもよく使われていて、誰でも一度は耳にしたことがあると思います。

今回、プリマヴェーラでは、演奏するにあたり、
「Payne版(1889年)」と「Peters版(1900年)」の2種類のスコアを用意しました。
一般的によく耳にするのは、Peters版の方で、Payne版と比べてみると、アーティキュレーションや装飾音などがかなり違っています。原点を探るということで、Payne版に忠実に、とも思ったのですが、あまりに違うアーティキュレーションに、かえって違和感を覚えるのでは、ということもあり、今回は両方のスコアを見比べつつ練習することにしました。
[PR]
by michinokuhitori | 2010-11-10 00:38

工芸展ギャラリーコンサート

6月12日(土)午後2時より、弘前工芸協会展の展示場(百石町展示館)にて、
ギャラリーコンサートが行われました。

チャペルコンサートが行われたのが2008年の6月なので、私たちが人前で演奏するのは2年ぶりでした。

この2年の間、演奏する機会が全くなかったわけではないのです。
でも、メンバーの出入りがあったり、練習の形態が変わったりで、なかなか曲のレパートリーが増えていかず、人前で演奏するということに後ろ向きになっていたことも事実です。
また、人前で演奏するということで、曲の仕上げをどこまでやるのか、というのも問題点でした。みんなが弾けて、曲がある程度整った状態で良いのなら、年に1回演奏会を開くことも不可能ではありません。でも曲を音楽的に追及するということは、ある意味果てしない作業なのです。どの程度までできれば良しとするのか、というのが難しいところでもあります。

でも、そうは言っても、状況が整うのを待っていてもなかなか前には進んで行けないと思い、今回も決してベストの状態ではなかったのですが、とにかくやってみることにして準備を進めました。

途中、ギターパートがUさん1人になった時には、さすがにくじけそうになりました。
低音が手薄になるし、本番で緊張して音がなくなったらアウトです。
何より本人が一番不安だったと思うのですが、Uさんは自分しかいない、という責任感をとても感じて、旅行の日程を変更してまで、毎回練習に参加してくれました。不安な気持ちを抱えながらも一人で一生懸命にギターを弾くUさんの姿には本当に感心させられました。
私たちのアンサンブルは、音楽的な演奏を目指すという理念のもとで活動していますが、それと同時に、アマチュアの団体はメンタルな要素も大切だと思います。
この団体のためにがんばろうとか、みんなのためにがんばろうとか、ちょっと浪花節的ではありますが、そんな気持ちに結構心が揺さぶられることもあるのです。(私だけかもしれませんが・・・・^^;)

本番は指揮者なしで、11人が横1列に並んで演奏しました。
いつもの通り、細かいミスはちょこちょこありましたが、
直前の練習の成果も出ていて、おおむねよく弾けていたと思います。
3曲だったのであっという間で、終わってしまえば、「もっと弾きたかった」「物足りない」という声もあり、みんなの反応にちょっとびっくりしました。なにより、打ち上げでのメンバーの晴れ晴れとした顔を見ていると、思い切って演奏してみて良かったと思いました。

今回初演奏の「ハレオ・デ・ヘレス」は、このところ一番練習したということもあって、結構よい雰囲気が出せたのではないかと思います。なかなかこけしのダンスから抜け出せないのが悩みの種ではありますが、ちょっと手くらいは生えていたかな(笑)、と思います。

この「ハレオ・デ・ヘレス」は、スペイン舞曲をアマデイが編曲したものといわれています。
調子が良いので、何となく簡単に弾いてしまいがちですが、スペインらしい雰囲気を醸し出すのが難しかったです。リズム通りにかっちりと弾いてしまうとこけしのダンスになるし、かといって自分勝手に崩すこともできないし。
ギターのリズムが単調な分、表現が難しい曲だと思いました。
そんな中で指揮者発案のグリッサンドやラスゲアードなどはとても効果的でした。演奏する方はかなり苦労しましたが・・・・・でも、そんな産みの苦しみみたいなものがあって、初めて少し音楽に近づけるのでしょうね。

クラシックの名曲でも、マンドリンオリジナル曲でも、音楽的なアプローチは同じです。作曲家の意図するところに少しでも近づけるよう、これからも地道な練習を積んでいきたいと思います。
そして今後も私たちの音楽を聴いてもらえる機会があれば、積極的に演奏してみたいと思っています。
[PR]
by michinokuhitori | 2010-06-20 16:49