カテゴリ:音楽( 4 )

テナーギターをご存知ですか?

我が家は、家人、長男・長女、いずれもピアノを演奏できますし、子ども達は歌を生業にしています。唯一、私だけがもっぱら聴くのが専門(パトロンだという噂も ^_^;)で、楽器をやらないで来ました。
しかし、一昨年一念発起して、楽器を先生について習うことにしました。
その楽器が、テナーギター。

a0081345_2020497.jpg


弦が4コースの小型のアコースティックギター。バリトンウクレレという人も居ます。
そして大抵の人が、それでポピュラーやハワイアンなどを弾くようですが、私はクラシック。それもバッハの無伴奏チェロ組曲を練習して(させられて?)います。

これまでバッハの曲を聴いて来て、その旋律、響き、和声その他諸々分かった気になっていましたが、実際に自分で弾くようになって、その理解がいかに浅いものであったか、思い知らされています。

ただ楽譜通りに弾けば、あのバッハの世界が構築できるわけではなく、バロック音楽の、そしてバッハの楽曲の、歴史的背景や暗黙の了解ごとなどを含めて理解しないといけないこと、そしてそれを理解すると、少しはあの世界に近づけることを知りました。改めて、バッハの音楽の凄さというものを、この体験によって知る毎日です。

できれば上手く弾けるようになりたいと思いますが、それよりも上述した事のほうが、より私にとって大事だと思えるのです。

[PR]
by michinokuhitori | 2016-01-11 20:21 | 音楽

顧問の音楽帳:ハイドンの主題による変奏曲 作品56a


a0081345_10362041.jpg
     (wikipediaより)

ブラームスは、ベートーヴェンと並んで、変奏曲の名手と称されています。彼の主要な作品には、主題と変奏という形をとった楽章が少なからずあります。そして、変奏曲として独立した優れた作品もあります。今日ご紹介するハイドンの主題による変奏曲は、名実ともに傑作と言っていい作品でしょう。古雅な主題を素材に、縦横に変化させてみせるその手腕は実に見事です。2台のピアノによる版とオーケストラによるものがありますが、後者のほうが知名度は高いでしょうね。

主題、8つの変奏、そして終曲からなっています。ハイドンの主題によるとありますが、最近の研究で、どうもハイドンが創出したテーマではないようです。しかし、例えば終曲のパッサカリア(スペイン由来の三拍子の器楽舞曲)には、ハイドンの交響曲101番”時計”の引用があり、管弦楽に変奏曲形式を導入したハイドンの先駆的な試みに対するオマージュ(あるいはリスペクト)的な意味合いはあると思います。

そのオーケストラバージョンを、カラヤン、フィルハーモニア管による演奏でどうぞ。(Youtube)


[PR]
by michinokuhitori | 2014-04-13 10:42 | 音楽

顧問の音楽帳

努力の人ハイドンは、苦節30数年(それは縛りの多い宮仕えと世に名高い悪妻のため?)の後の58才の時に、自国オーストリアのウィーンを立ち、ヨーロッパを横断し、初めての外国、イギリスのロンドンに向かいます。
そのとき既にヨーロッパでその名が広く知られるようになっていたハイドンを、ロンドンの興行主が招聘して、彼の自作の交響曲を中心とした演奏会を開くためでした。
ハイドンの目には車窓の景色はどのように映っていたんでしょうか?その想いを追体験しようと、ハイドンがたどった鉄路をなぞった旅の記録がこの本です。


(ヨーロッパ各停列車で行く ハイドンの旅、 児井正臣著
 幻冬舎ルネッサンス新書)

さすがに一度にとは行かず、4年を掛けて実行していますが、便利な特急や急行を使わず、各停でと言うのが著者のこだわりでしょうか。また、ハイドンがたどった経路と書きましたが、著者も最初に断っているように、実はそれは記録として残っていないため(見つかっていないため)、想像を働かせて決めたとのこと。おかげでその過程でハイドンにまつわるいろんな事柄がわかるという想わぬ余禄があったようです。

いずれにしても、このような鉄道の旅を定年後に体験できた著者はそれだけでも幸せな方だと想います。
私もいつかそんな旅をしてみたいと思いますが、さていつになることやら。







 
[PR]
by michinokuhitori | 2013-06-10 22:26 | 音楽

顧問の音楽帳

歴史の作り出す偶然のおもしろさ

今日はバルトークと並ぶ20世紀に活躍した作曲家ハンガリーの作曲家コダーイ
(1882-1967)の”ハーリ・ヤーノシュ”(テンシュテット指揮、ロンドンフィル)を
聴いていました。すばらしい演奏ですね。
この指揮者はがんのため、まだまだこれからという時に亡くなったのが大変残念です。

a0081345_9554018.jpg
(Klaus Tennstedt The Great EMI Recordings CD No.13)

しかしこの曲、あれっ?どこかで聴いたメロディだなと途中で感じ始めました。
特に終曲など、ヤナーチェク(1854-1928)の”シンフォニエッタ”の中に出てくる
舞曲風のメロディとソツクリでビツクリ。
(ちなみにシンフォニエッタは村上春樹が小説1Q84で取り上げて、一躍注目を
 浴びたようですね。まだ読んでませんが。)
こちらの曲の舞台がブルノというモラヴィア地方(現チェコ)の中心地。
そういえば、昔モラヴィアはハンガリー帝国に支配されていたんですよね。

コダーイがハンガリーを中心に民族音楽の収集を精力的にしていたことは有名で、
恐らくそのときにモラヴィアに残る民族音楽も集めたんではないでしょうか?
一方、ヤナーチェクも自国モラヴィアの伝統音楽を研究し、作品に生かしてていた
ようですから、その辺りに接点があるのかもしれません。

二人の間に交流があったかどうかは定かではありませんが、歴史があやなす
おもしろさを感じます。
[PR]
by michinokuhitori | 2012-03-27 21:30 | 音楽