<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

最後からいきましょう!

「頭からやると先が遠そうな気がするので、きょうは最後からいって終わり方を決めちゃいましょう!」と指揮者の言葉。
予想をくつがえす場所からのスタートで、みんなちょっと戸惑い気味で練習が始まりました。

「J」はユニゾンです。
西洋音楽は意外にリズムは単純で、旋律ラインもそれほど複雑ではありません。音程も原則として1オクターブ、12の半音しかありません。アラブの音楽とか、インドの音楽はもっと細分化されているので、それに比べると世界中の音楽の中では単純な部類です。その中であれだけ雄弁なものを作れたのは、ひとつは、独特なハーモニー感で、ハーモニーの形成というのは、西洋音楽を提示するのに重要なものになります。
この「J」は、頭にコードがあって、あとは最後から3小節目とエンディングのハーモニーのみで、今までハーモニーがあったものが、放棄されているのです。
ユニゾンは、それぞれの音の高さで同じように音を出していく方法で、原始的な強さがあります。単旋律には単旋律の強さがあるのです。単旋律というのは、可能性として持っているハーモニーというものが背後にあるのですが、それに和音をつけると、可能性の中からひとつ限定してしまうことになります。ですから、それを限定しないためには、単旋律としてやった方が広がりがあるのです。ここは、わざと意識的にハーモニーを放棄して力強さを出し、可能性を全部打ち出していない、ということを告白しているようなものです。
全員で勢いよく弾きましょう。八分音符は2個のグルーピングで。2拍目から入るパートは遅れないように。206小節の頭の4分音符)少し長めに。

次は1つ戻って「I」
ここは、2小節単位のモティーフで推移していきます。
1stから2nd、ギターⅠ、ギターⅢ~と受け渡すことで緊張感が生まれるのです。
193あたりで沈みきったら、あとは上がっていきます。195からの2ndは期待を持たせるように動きを増していきます。
ここは、モティーフが重なることで力が増していく感覚と、作為的にクレッシエンド効果とを併せ持って劇的な表情を作るところで、自然さと作為とが一体になっていないといけないところなのです。
とても綱渡り的で、全員が怖いところです。(>_<) 
最初は慣れないので緊張感があって、ピクピクしながら弾いているのですが、実はその方が緊張感があっていいのです。慣れると緊張感が無くなってしまうので、上達してもきょうのこの怖い感じを忘れないように!と指揮者。
それが良い緊張感になって爆発します。そういうピリピリした緊張感になるように、ドヴォルザークが書いているんです。そして、そのあとには(J)、単旋律のダイナミズムで迫ってくるという対比を描いています。
[PR]
by michinokuhitori | 2006-08-28 00:18

懇親会

普段、練習して帰るだけで、なかなかみなさんとお話する機会がないので、懇親会を開きました。
会場は顧問宅。6時頃から集まって、飲んだり食べたり、もちろんマンドリンの話もして、和やかな楽しい会になりました。
今練習している、「スラヴ舞曲」のオーケストラのCDを聴いたり、(クーベリック指揮 バイエルン放送交響楽団と、ターリッヒ指揮 チェコフィルハーモニー)、ドヴォルザークの他の曲も聴いてみたり、なかなか充実した時間でした。

それにしても、みなさん、真面目に取り組んでいる姿勢に、私は感動しました。
特に、練習時間をもっと増やして欲しいという話にはちょっとびっくりしました。週に2回でも良いという声も、、、、。とりあえず、9月から、月3回の練習日以外に、月曜日にも練習したい、ということで、会場をさがしてみることにしました。

これは是非とも今年中に、プレコンサートを開かなければいけませんね。
2月のネットワークの演奏会の時のように、みんなで団結して良い演奏ができればいいと思います。
[PR]
by michinokuhitori | 2006-08-21 22:30

装飾音の技

「スラヴ舞曲 6番」の中に頻繁に出てくる装飾音。
3拍子の曲で、3拍目が強調されるというのは、普通はないのですが、3拍目が強調されるというのがこの民族ダンスの特徴です。
そして、たびたび出てくる装飾音は、同じに弾くのではなく、音楽に合った弾き方が必要です。

たとえば、1stマンドリンの最初に出てくるトリルは優雅な感じ。上に飛び出すというよりは横になびくように。
次に出てくる、フォルツァンドのついた装飾音は、コミカルな動きで飛び出す。
そして、そのあとのクライマックスで出てくる装飾音は、はじけるような感じで。

オーケストラだと、オーボエとかフルートとか、楽器を変えながら、その楽器の特徴で変化がつけられますが、マンドリンアンサンブルの場合はより精密に音色の変化をつけなければならないのが難しいところですね。2小節単位で繰り返しながら受け渡していくところも、場合によっては自分で弾いて自分に受けわたすところもあったりして、その変化がつけられるかどうかが勝負どころです。
[PR]
by michinokuhitori | 2006-08-13 12:16

日本人は3拍子が苦手?

先週に引き続き、「スラヴ舞曲 6番」

斎藤さんの編曲で、スラヴ舞曲の6番、4番、10番ができあがりました。
全部3拍子の曲。
日本人は3拍子が苦手とよく言われますが、何とか乗りの良い3拍子を披露して、センスが良いと言われるようにがんばりたいです。
そのためには、それぞれの曲のキャラクターをはっきりつかんで、出すことが大事。
ヨーロッパの人たちは踊りが好きで、感覚的なものが音楽の中にはいっています。日本人も踊りは好きですが、盆踊り的な踊りとは全く違います。もちろん、日本人が演奏するので、日本的な感覚も入っていいとは思いますが、ヨーロッパの踊りのベースにあるものにこちらの方から近づいていって、味わってみたいと思います。そして、味わうためには、キツい練習が必要かと思います、という指揮者の言葉。みなさん、心して取り組みましょう!!

この曲は、導入の何小節かが、曲全体を暗示していて、このあたりに曲全体が含まれています。偉大な作品であればあるほど、そういうことがあります。
この曲はダンスの曲ですが、珍しいのは、最初に4小節メロディーがはいって、そのあとに、全く違った素材がはいってくるところです。普通は踊りなので、そのままの表情でいって踊るのですが、この曲の場合は挿入されたところで、雰囲気をがらっと変えることが大事です。そういうところからも、この曲は実際に踊る曲というよりも、鑑賞舞曲っぽい感じです。

この挿入部分は、低音がダンスらしい刻みをしているのに対し、メロディーはダンスらしくなく、この二つが融合されています。そしてこの融合がうまくいくと、メロディーに表情がつけやすくなります。長い音に何かを感じさせ、8分音符は重くならないように、風がス~ッと吹いて消えていくように演奏しましょう。

私たちは、楽譜の中に、スタッカートやテヌート、アクセントなどの記号を見つけると、決まった弾き方をしがちです。特にマンドリンで演奏する場合、スタッカートがついていると、ピッキングで演奏するのが当たり前。でも、プリマヴェーラでは、トレモロで弾くスタッカートもありです。(これは、弾く瞬間にアタックをつけて、弾くとすぐに抜きます)  あくまでも音楽に合った音を出す。そのためには固定観念を取り払わなければなりません。長年マンドリンをやってきた人ほど思い込みが強いものです。(筆者は実感しています(^^;))
無理だと決めつけないで、いろいろチャレンジしてみましょう。
[PR]
by michinokuhitori | 2006-08-07 00:35