<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

通奏低音

先週から『G線上のアリア』の練習をしています。

練習が始まる前に、指揮者からお話がありました。
「この曲は、通称『G線上のアリア』ですが、これは、ヴァイオリンの一番太いG線だけで弾こうという、超ロマン的発想です。太い弦で、開放弦を嫌ってハイポジションで弾く、というのがロマン派のひとつの特徴です。バロックの場合は、弦をできるだけ長く使うということで、ローポジション主体で、そこで出てくる音色とか表情を、バッハは期待しているので、我々が今まで耳になじんできた、G線上のアリアという表現は、少し忘れたほうがいいです。いわゆる、歴史の中でついた垢のようなものを洗い落として、本来の姿を取り戻してみたいと思います。」
ということで、ポピュラーな『G線上のアリア』からは脱却して、本来のバッハが描く『Air』に近づく努力をしてみたいと思います。


バロック音楽の特徴のひとつに、「通奏低音」があります。
文字通り、通して奏でられる低音。
普通は、低音の上に、6とか3とか数字がつけられていて、今の時代でいうコードネームのようなものですが、それをもとに和音が即興的につけられます。
リュート、チェンバロ、オルガン、というような楽器で和音を補填していく。その上に、メロディー楽器がメロディーをのせていきます。それが1本だったり、2本だったり、3本だったりします。この曲の場合、1stが弾いているメロディーが、メロディーラインだと思ってしまいがちですが、それは間違いで、2ndもマンドラもメロディー。もちろん、ギターもメロディーです。メロディーが4本束になっていて、その中でもっとも重要な曲の構造をつかさどるのが低音です。

バロック時代、作曲が行われる際に、まず行われたことは、インヴェンツィオとよばれたモティーフの創出、そして、おおよその和音連結プランを練ることだったようです。(一般的なこととして)その設計を元に、曲が細かく仕上げられていきます。ソプラノだけがメロディーではなく、全部のパートがそれぞれ独立していて、同じ存在感を持っています。(このように、2つ以上の違った旋律を同時に組み合わせる作曲技法を対位法と言います)
例えば、古典派はメロディーが一番、次に低音・・・というふうに順番がつけられているのですが、バロックの場合は、それぞれが存在感を出して、その中で調和を生み出していきます。

和声が変わるポイントを、全員で感じながら、統一した世界観のようなものをみんなでさぐっていきたいと思います。
[PR]
by michinokuhitori | 2007-05-30 23:16

G線上のアリア

バッハのG線上のアリアの楽譜ができあがりました。
オリジナルのバス声部をそのまま生かすために、ギターを変則調弦にするという、指揮者のこだわりのアレンジです。ギターの通常の音域をこえているので、5弦をGに、6弦をCにしました。
コントラバスの場合、5弦バスがあるといいのですが、ないので、4弦をCまで下げるというのはおそらく不可能。1オクターブ上げるとハイポジションになり、音程を正確に取るのが困難。ということで、この曲はコントラバスは降り番ということになりました。(コントラバスさん、ご理解ください)
なお、この曲は、「新バッハ全集」をもとにアレンジしています。

この曲で身につけるべきことは、トレモロの持続音の中で、何か世界観のようなものをあらわせるようにする、ということ、また、音が動いていくときにスムーズなピッキングやトレモロができる、ということです。


バッハの音楽で重要なことのひとつに、アーティキュレーションがあります。
このアーティキュレーションスラーを上手に表現することが重要なのです。
2ndの4小節目に、16部音符が4つ並んでいて、最初の3つにスラーがかかっているところがあります。旧バッハ全集では、4つにスラーがかかっていましたが、その後の研究で、スラーのかかり方が1:3、3:1、あるいは、2:2が多くなりました。同じ音型でも、スラーのかかり方が1:3と3:1とでは大きく変わってきます。
バロック時代には、同じモティーフを、アーティキュレーションスラーを使って、表情を豊かにする、ということが行われていました。

また、バロック時代に発明された重要な技法に、「対話」があります。
例えば、1st,2ndの3,4小節めは対話です。そして、それが一体になるのが、5小節めです。
全体の流れの中で、対話と一体感を意識して演奏することが大切です。


ギターパートの、8分音符の動きは、この曲の性格を大きく決定する、重要なところです。
スラーがかかっているところは、1括弧の16分音符だけです。あとは、デタシェ。明確に音を区切ってピチカートで弾いてください。難しいけれど、消音も大切です。
1小節目の1オクターブの跳躍は崇高な雰囲気で。そして、その後の落下。この跳躍と落下のなめらかさを、うまくバスの声部に閉じ込めることが重要です。
G線上のアリアということでメロディーラインが有名になっていますが、実はこの曲の魅力は、低音のライン、低音のメロディーによるところも大きいのです。
ソプラノ・アルト・テノール・バスと、全てが調和した素晴らしい世界がここにあります。


きょう、楽譜が渡ったばかりでギターの人は大変でしたが、初見大会にしてはまずまずの出来だったと思います。
ギターの変則調弦も、実際に音を聞くまで不安でしたが、とてもよい響きでした。
上昇する音と下降する音を明確に区別して、それにふさわしい表情をよみとりながら、バロック音楽の世界に入っていきたいと思います。
[PR]
by michinokuhitori | 2007-05-24 00:18

真実の声

5月12日(土)

演奏会を想定して、今まで練習した曲を、復習の意味で練習することになりました。
きょうは、アマデイの「セレナータ・ガランテ」 (復習曲に関しては、活動予定参照)

1回通したあとの指揮者のコメントは、
「ピークのフレージングが借り物になっています。音楽というのは真実の声なので、借り物というのは一切拒絶されてしまうのです。形を整えようと思わないで、下手でもいいから、自分の中から正直な音楽を出さないといけないのです。今の演奏は、必要な条件が満たされていません。」 きびしぃ~~!

以前の練習では、ピークを形成していくために、必要な諸条件をふまえていくと、構成的に自然にクライマックスが得られる、ということをやっていました。
決まった形があらかじめあるわけではなく、諸条件をそろえて、注意深く音を出していくと、その積み重ねの中から音楽が現れてくる、ということを、今までの練習の中で、何度もやりましたよね。かなり、デリケートな練習をしていたと思います。
もう一度、曲と向き合って、真実の声に耳を傾けてくださいね。

さて、現在の練習曲は、「お嬢さん」と「スラヴ舞曲10番」(長くなりましたねー)
「お嬢さん」は、前回で終了・・・・・と思ったけど、まだ終われなくて続行。

この曲は、単純な曲なのですが、本当にやることがたくさんあります。キャラクターをしっかりつかんで、かなり神経を使って弾かないと、全然面白くない曲になるのです。

「アマチュアのいいところは、練習時間がたくさんとれるので、どこまでも追求できる!というところです。時間の許す限り、追求していきましょう!!」と指揮者。
みんな、へこたれないでがんばろー!


きょうは、はるばる平内から、見学を兼ねて練習に参加してくれたご夫婦がいらっしゃいました。(2人とも経験者です)
メンバーが多いと練習にも活気が出て楽しかったです。
これからも続けてきてくださることをメンバー一同切望しております。
[PR]
by michinokuhitori | 2007-05-17 00:14