<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ピックの角度

コンサートが終わってから初めての、普通の練習でした。

久しぶりに「アイネクライネ」を弾いてみました。この曲はレコーディングもしなかったので、みんなで弾くのは約2ヶ月ぶり。
最初に通してみました。

演奏が終わってからしばらく声が出ない指揮者・・・・・・・・^^;

はぁ~~っという大きなため息の後、
「いかに皆さんが6月1日はがんばったか、ということがわかりますね~。」

あの日の躍動感や輝きはどこへ?・・・・・・同じ団体とは思えない演奏でしたね。
せめてコンサートの時の水準が保てるように、また仕切りなおして頑張りましょう。

さて、プリマヴェーラの今後のさらなる発展のためには、少しピッキングに磨きをかけることが必要です。
マンドリンの高音弦の音はキンキンしやすく、特に f の時には弾き方によってかなり耳障りな音になることがあります。鼈甲のピックのように先がとがっている形状のものは、その角度を変えることによって、音を丸く豊かな響きに変えることができます。

本来、鼈甲ピックのようなとがった形状のピックの利点は、エッジを使えることです。角度をつけると、ダウンとアップのサイドが変わります。この弦に当たる角度によって音が変わるのですが、大事なのは弦をリリースする瞬間です。これはギターも同じです。爪で弾いている人は、角度をつけてリリースする瞬間を意識すると音が変わります。

以前にもブログに少し書きましたが、ピックが弦から離れる瞬間の角度で音が決まります。ですから、最初にいい角度に設定しても弾く瞬間に角度が変わると意味がないのです。
今までも、角度をつけて狙って音を出す、ということを部分的にやってはいましたが、さらに、自分のピックが弦から離れる瞬間を意識してコントロールできるように進化していきましょう。

ドイツマンドリンのピックのように、厚みがあって弾力のあるものはエッジが使えないので、ピックの使い方が変わってくると思っていたのですが、先日、マンドリン奏者の「柴田高明」さんとお話する機会があり、ドイツマンドリンとピックを見せていただいた時に、必ずしもそうではないことがわかりました。厚みのあるピックは側面を削ってあって(削り方があるそうです)、ドイツでも基本は弦に対して斜めに当てる。つまりエッジを使って演奏する、ということでした。もっとも、柴田さんのピックはかなり鋭く削っていて、ここまで削っている人はドイツにはいない、とのことでしたが・・・。

ピックの角度や弦に対する倒し方を意識して、今持っているピックで、どうすればどんな音になるか、ということを考えながら、取り組んでいけば、豊かな響きや多彩な音色を獲得することが出来ると思います。
[PR]
by michinokuhitori | 2008-07-31 00:23

義援金

先日のチャペルコンサートの収益金を、「岩手宮城内陸地震」の義援金として、日本赤十字社に納めてきました。

「岩手県と宮城県とどちらに送りますか?」と聞かれちょっとびっくり。
別々なんですね。
せっかくなので、両方の県へ半分ずつ送ってもらうことにしました。
赤十字の人が言うには、最近はあちこちで災害が多くて義援金が減っているとのこと。
大変感謝されました。

演奏会当日のプログラムには、ミャンマー・四川への義援金に、と書きましたが、送り先が変更になったことを東奥日報の記者の人にお話したところ、新聞の義援金の欄に載せてくれることになりました。
被災地にとっては微々たるものでしょうけど、何かのお役に立てればうれしいですね。
[PR]
by michinokuhitori | 2008-07-17 00:41

FMアップルウエーブ 第2弾

FMアップルウエーブの「津軽いじん館」から出演依頼があり、板垣さんと二人で収録に行ってきました。先日のチャペルコンサートの新聞記事を見て、“初のコンサート”というところに着目したそうです。

2年前、プリマヴェーラが設立してすぐに一度出演しているので、今回は2回目。
前回は、「地道に練習を続けてレパートリーが増えれば発表の場も持ってみたい」というようなことを話したと思います。
今回は、設立から2年半経って、初めて独自のコンサートをしたということで、コンサートの話を中心にということでした。

本来は30分のトーク番組なので、間に4分程度の音楽を流して、あとは司会者とお話するのですが、特別にお願いして、演奏会の曲を多めに流してもらいました。

オープニングにバッハのメヌエットを1分程流してから開始。
バッハの「エール」、武満徹の「さくら」は全曲を、グリーグの「春」、メッツァカーポの「夢」は1分半ほど放送してもらいました。
合間に、曲のことや演奏会のことを少しお話しました。
でも、曲だけで15分を過ぎたので、トークは少しだけでした。

私は前回に引き続き2回目の出演だったのですが(実は別口もいれると3回目)、打ち合わせしたことと違うことを聞かれると、とっさに言葉が出ないものですね。^^;
言いたいことと違うことを口走ったりして、自分でももどかしい感じ・・・・
板垣さんはさすがに落ち着いたもので、的確な応答をしていました。

放送は7月23日(水) 午後4時~4時30分 再放送が午後7時~7時30分です。
時間のある方は聞いてください。
[PR]
by michinokuhitori | 2008-07-10 23:53