ピックの角度

コンサートが終わってから初めての、普通の練習でした。

久しぶりに「アイネクライネ」を弾いてみました。この曲はレコーディングもしなかったので、みんなで弾くのは約2ヶ月ぶり。
最初に通してみました。

演奏が終わってからしばらく声が出ない指揮者・・・・・・・・^^;

はぁ~~っという大きなため息の後、
「いかに皆さんが6月1日はがんばったか、ということがわかりますね~。」

あの日の躍動感や輝きはどこへ?・・・・・・同じ団体とは思えない演奏でしたね。
せめてコンサートの時の水準が保てるように、また仕切りなおして頑張りましょう。

さて、プリマヴェーラの今後のさらなる発展のためには、少しピッキングに磨きをかけることが必要です。
マンドリンの高音弦の音はキンキンしやすく、特に f の時には弾き方によってかなり耳障りな音になることがあります。鼈甲のピックのように先がとがっている形状のものは、その角度を変えることによって、音を丸く豊かな響きに変えることができます。

本来、鼈甲ピックのようなとがった形状のピックの利点は、エッジを使えることです。角度をつけると、ダウンとアップのサイドが変わります。この弦に当たる角度によって音が変わるのですが、大事なのは弦をリリースする瞬間です。これはギターも同じです。爪で弾いている人は、角度をつけてリリースする瞬間を意識すると音が変わります。

以前にもブログに少し書きましたが、ピックが弦から離れる瞬間の角度で音が決まります。ですから、最初にいい角度に設定しても弾く瞬間に角度が変わると意味がないのです。
今までも、角度をつけて狙って音を出す、ということを部分的にやってはいましたが、さらに、自分のピックが弦から離れる瞬間を意識してコントロールできるように進化していきましょう。

ドイツマンドリンのピックのように、厚みがあって弾力のあるものはエッジが使えないので、ピックの使い方が変わってくると思っていたのですが、先日、マンドリン奏者の「柴田高明」さんとお話する機会があり、ドイツマンドリンとピックを見せていただいた時に、必ずしもそうではないことがわかりました。厚みのあるピックは側面を削ってあって(削り方があるそうです)、ドイツでも基本は弦に対して斜めに当てる。つまりエッジを使って演奏する、ということでした。もっとも、柴田さんのピックはかなり鋭く削っていて、ここまで削っている人はドイツにはいない、とのことでしたが・・・。

ピックの角度や弦に対する倒し方を意識して、今持っているピックで、どうすればどんな音になるか、ということを考えながら、取り組んでいけば、豊かな響きや多彩な音色を獲得することが出来ると思います。
[PR]
# by michinokuhitori | 2008-07-31 00:23

義援金

先日のチャペルコンサートの収益金を、「岩手宮城内陸地震」の義援金として、日本赤十字社に納めてきました。

「岩手県と宮城県とどちらに送りますか?」と聞かれちょっとびっくり。
別々なんですね。
せっかくなので、両方の県へ半分ずつ送ってもらうことにしました。
赤十字の人が言うには、最近はあちこちで災害が多くて義援金が減っているとのこと。
大変感謝されました。

演奏会当日のプログラムには、ミャンマー・四川への義援金に、と書きましたが、送り先が変更になったことを東奥日報の記者の人にお話したところ、新聞の義援金の欄に載せてくれることになりました。
被災地にとっては微々たるものでしょうけど、何かのお役に立てればうれしいですね。
[PR]
# by michinokuhitori | 2008-07-17 00:41

FMアップルウエーブ 第2弾

FMアップルウエーブの「津軽いじん館」から出演依頼があり、板垣さんと二人で収録に行ってきました。先日のチャペルコンサートの新聞記事を見て、“初のコンサート”というところに着目したそうです。

2年前、プリマヴェーラが設立してすぐに一度出演しているので、今回は2回目。
前回は、「地道に練習を続けてレパートリーが増えれば発表の場も持ってみたい」というようなことを話したと思います。
今回は、設立から2年半経って、初めて独自のコンサートをしたということで、コンサートの話を中心にということでした。

本来は30分のトーク番組なので、間に4分程度の音楽を流して、あとは司会者とお話するのですが、特別にお願いして、演奏会の曲を多めに流してもらいました。

オープニングにバッハのメヌエットを1分程流してから開始。
バッハの「エール」、武満徹の「さくら」は全曲を、グリーグの「春」、メッツァカーポの「夢」は1分半ほど放送してもらいました。
合間に、曲のことや演奏会のことを少しお話しました。
でも、曲だけで15分を過ぎたので、トークは少しだけでした。

私は前回に引き続き2回目の出演だったのですが(実は別口もいれると3回目)、打ち合わせしたことと違うことを聞かれると、とっさに言葉が出ないものですね。^^;
言いたいことと違うことを口走ったりして、自分でももどかしい感じ・・・・
板垣さんはさすがに落ち着いたもので、的確な応答をしていました。

放送は7月23日(水) 午後4時~4時30分 再放送が午後7時~7時30分です。
時間のある方は聞いてください。
[PR]
# by michinokuhitori | 2008-07-10 23:53

雑感  ~コンミスのひとりごと~


プリマヴェーラの初めてのコンサートが終わった。
より音楽的な演奏を、という思いで始まったこのアンサンブルだが、参加メンバーが「音楽的」という意味をどれくらい理解しているかわからないままのスタートだった。
個々の音楽経験の差は大きく、最初は戸惑うことが多かったかもしれない。それでも、わからないままに、手探りしながら懸命にみんなで進んできた2年半だった。

音を音楽に変えていくためには、満たさなければいけない条件があって、それは本当に細かく面倒な作業であるということをメンバーのみんなは感じたことと思う。適当に出していい音は一つもなく、細心の注意を払いながら音を出していくことの難しさ。今まで参加していた団体とのギャップの大きさは計り知れず、何人かの人は、理解できずに会を去っていった。
それでも、そういう細かい作業の末に生まれてくる音楽がどれほど美しく、心地よいものかということを、少しでもみんなが感じてくれれば、この研究会をやってきた意味があると思う。

本番の1週間前、メンバー全員がそろった。
その日の練習は1週間前ということもあったが、今までで一番みんなの気持ちが集中した練習になったと思う。何の曲の時だったか忘れたが、指揮者とみんなと音楽が一体になったように感じた時があって、私は演奏しながらとても幸せな気分に浸った瞬間があった。うまく言葉では言い表せないが、それは本当に体の奥から沸々と湧きあがってくるような、ふわっと涙が滲んでくるような幸福感だった。過去に何度か、マンドリンを弾きながら同じような感覚を味わったことがあるが、アンサンブルをしながらそういう気持ちになったのは初めてのことだった。「こういう感覚を味わいたくて私はアンサンブルをやっているのかもしれない」と思った。

本番直前にアクシデントがあり、それを対処するために奔走した私は、自分の調整もできず気持ちの余裕もないまま本番に突入。いつもにも増して緊張した。初めてのコンサートということで、メンバーのみんなもかなり緊張していたと思う。それでも、今まで時間をかけて取り組んできたということは大きく、それなりの成果が出せたことに感動した。なによりうれしかったのは、マンドリンをあまり好まない音楽の専門家の方々から、それなりの評価を得られたこと。「マンドリンでああいう演奏ができるんだね。」という言葉は大きな励みになった。

繊細な楽器と形容されるマンドリンだが、本当に繊細な音を出しているマンドリンアンサンブルを私は今まで聴いたことがない。小さい音と繊細な音とは違う。音を出しながら作る沈黙の世界など、音に大きい小さいという概念しかなければ作ることは不可能だ。私達の演奏はそれが出来ていたかと言われれば、まだまだ模索の段階ではある。でも、そういう世界を意識しながら近づく努力は出来ていたと思う。またマンドリン合奏の中ではほとんど打楽器化してしまうギターも、本来の音色を生かすことができて、プリマヴェーラならではのサウンドを作れたような気がする。

当然のことだが、やはり指揮者の力は偉大だと思った。演奏技術も音楽的素養も低い私達を、ああいう演奏が出来るまでに引き上げてくれたのは指揮者の教育のお陰。まさに、素人でも音楽ができる、ということを身をもって教えてくれた結果だと思う。
こういう経験を喜びと感じて、さらに求めていくのか、それとも、細かい作業は面倒で、もっと気楽に楽しみたいと思うのか、今回の演奏会を経験してみんなの感想は様々だと思う。

演奏会を一つ終えて、今後メンバー自身が何を求めていきたいのか、個々に問われる時が来ていると思う。
[PR]
# by michinokuhitori | 2008-06-06 16:54

「間」の美学


   青空みたら 綿のような雲が
   悲しみをのせて 飛んでいった

   (リフレイン)
   いたずらが過ぎて 叱られて泣いた
   こどもの頃を 憶いだした

   夕空みたら 教会の窓の
   ステンドグラスが 眞赫に燃えてた

   夜空を見たら 小さな星が
   涙のように 光っていた


武満徹の「小さな空」は1962年、TBSラジオドラマ「ガンキング」の主題歌になり、その後、武満さんの手によって混声合唱曲に編曲されました。
歌詞を読むと、子供の頃の思い出の中に、単に懐かしさだけでなく、悲しみやほろ苦さのようなものを感じます。武満さんが子供の頃というのはちょうど戦争の時代。貧しく苦しい生活の中で悲しい思い出もたくさんあるのでしょう。

武満さんの楽譜の中には、rall.......//とか、riten..../ とか意味不明な記号がたくさんあります。タイになっている最初の音にテヌートがついているというのもあります。武満さんは、この意味不明な記号の中に、日本人特有の「間」というものを表現したかったのでしょう。日本は「間の文化」といわれますが、音楽の中でも、カウントできない独特の間合いをみんなで感じて、その時の共通の気配で決めてぴったり合う、というのが日本人の特質だそうです。

先日もあるテレビ番組で、「鼓」のことを取り上げていましたが、「息を合わせて間を作り、大鼓小鼓の音色を生かす。」というようなことを言っていました。この間が非常に重要で、間が音を活かすのだそうです。「間によって日本人が自然の中で培ってきたイメージを引き出すのです。」というようなことを鼓の奏者の方は話していました。
もっとも、最近はKYな日本人が増えていますから、こういう独特な間合いというものをどれくらい感じられるかは疑問ですが、演奏するメンバー全員が同じ空気を感じて息を合わせられたら素晴らしいですね。

武満さんは、こうして「間」を作りだすことで、沈黙を喚起しようとしました。「沈黙、静けさこそが永遠だ」という言葉を好んでいたそうですが、武満さんの曲が沈黙の世界からやってきて、また沈黙に帰っていくということを感じさせる音楽が多いのもうなずけます。特にギターが大好きだったそうで、音を出した後に自然に減衰していく、というのは撥弦楽器の宿命ですが、常に沈黙と隣り合わせにあることを気づかせてくれる楽器として、ギターのサウンドが一つのモデルとなって武満さんの中にあったようです。

後半に出てくるギターのハーモニックスは、3番の歌詞の「涙のように光っている小さな星」をイメージして指揮者が編曲しました。
夜空に少し悲しげに瞬く星・・・・・
混声合唱とはまた一味違った、撥弦楽器ならではのサウンドで「小さな空」を演奏できるといいですね。
[PR]
# by michinokuhitori | 2008-05-30 12:29

夜の静寂の中に

「月ありき」は、イタリアの作曲家、U.D.マルティーノが書いたセレナーデです。
この曲は、1908年のイルプレットロ社主催の第1回マンドリン合奏コンクールで第1位になった曲です。
マルティーノに関する資料は少なく、生没年も未詳です。(詳しく知っている方がいらっしゃったらご教授ください。)

ロマン派以降の音楽は、夢、月、星、夜、愛、悲しみ、など、内面的な感情が描かれるようになりますが、特に「夜」は後期ロマン派からの重要な素材でした。ですから、こういう曲を演奏する時は、夜の雰囲気を作らないと演奏する必然性がなくなってしまうのです。
この「月ありき」も夜の雰囲気を醸し出すことが重要です。

ギターのイントロは、あまり健康的に弾かないで、静かに神秘的に上昇していきます。この上昇のアルペジオは意識を上に持って行きます。そしてそれを受けて1stのメロディーが、高いところからす~っと降りてくるのです。暗い夜の静寂の中に、透明な美しさを湛えた月の光。この情景をイメージして演奏してください。

7小節目からの2ndは少しためらいがちに、8小節4拍めからのマンドラはそれを押していきます。
16小節目からの1st,2ndの八分音符はスタッカートがついていますが、ピッキングにすると「ピンポ~ン」ときこえる(と、指揮者が言う)のでトレモロにします。作曲家の意図と違うかもしれませんが、ここは旋律ラインにしてしまいましょう。

29小節目からイ長調に転調して明るくなりますが、雰囲気はあまり変えないでいきます。
メロディーは民謡調(イタリア風)です。1stは浪々と歌いましょう。ここで田舎臭さを出しているのが2ndです。ここはハープのように美しく弾くのではなく、田舎くさく弾きましょう。(難しいですね(笑))
本人はかっこいいつもりなんだけど田舎くさいような感じ。

41小節目からのギターのアルペジオは2小節単位で意識して、粒が同じにならないように、後ろのほうを軽めに、弱くしてください。
40小節からの2ndは主役です。そして、49小節目で1stと2ndが一緒になって大きな流れを作ります。ここで聴衆の心をぐっとつかみましょう。(ここ以外つかむところがないので(笑))

84小節目からはどんどん静かな感じで。ギターの上昇のアルペジオはさっさと上がらないで、やっとの思いで上がっていくように弾きます。再び夜の静寂の中に消えていくように・・・・・。
[PR]
# by michinokuhitori | 2008-05-29 12:44

愛の詩 ~演奏上の注意~

グリーグが作曲したピアノ小品集「抒情小曲集」の中の1曲。
1886年に出版された第3集の5曲目(作品43の5)で原題は「Erotik」です。

テンポがゆっくりなので、八分音符で4つ振りにします。
楽譜の最初に書かれてある、con sordini. というのは、「弱音器をつけて」、という意味ですが、マンドリンは弱音器がないので、スルタストで演奏することにします。
1回目はノーマルで、1かっこの2小節目から2回目の演奏をスルタストでお願いします。
11小節目からはノーマルポジションで。

4つ振っていますが、2拍子の曲なので、2拍子の揺れが大事です。
マンドラの1小節目2小節目はゆりかごのような感じです。
2小節目の1stの装飾音はオンザビートではなく、前に出します。後期ロマン派あたりから、装飾を前に出すのが流行ります。ここで揺れを出して少し膨らむように。そして3小節目はカンタービレで、あふれるような感じで弾いてください。
クライマックスは7小節目の1st、マンドラの最高音レのテヌート。ここは声楽的に少し遅く、長めにします。そのために、前の部分をcresc.と一緒に少し早くします。
ただし、繰り返して2回目はスルタストで弾くので、全体が回想のように、はっきりとしない幻想の世界を描きます。クライマックスのところもあまりやり過ぎないようにします。

11小節目からは、まずギターから1st。これは受け渡しではなく対立です。そして12小節目の1stからマンドラは受け渡し。2小節単位でフレーズが出来上がっているので、13小節目からも同様です。ただし、次の piu mosso に向かっていくので、13小節目の方が、揺れが大きくなります。
15小節目からはギターⅠの刻みが主役です。他のパートはこの刻みに合わせていくようにします。ここは、sempre stretto 。常に先に行くような、せくような感じで、追い立てられるように進んでいきます。そして、19からは、piu cresc.。ギターⅡのバスも、それまで2小節単位だったものが、そこから1小節ごとになり緊迫感を強くしていきます。
22小節目がクライマックスですが、そのまま次のTempo Ⅰにピアノで入れないので、そこは遅くして、指揮も4つ+1つのような感じで振ります。22小節目のトリトヌスの音程を際立たせたら落として、23小節目に入ります。
26小節目の休符は、予測させて沈黙を作ります。自分の意思で時間を止めたくなるような感じです。
29小節目は2回目のエンディングの時にたっぷりと表情をつけて豊かな感じにします。
ちょっと気が遠くなるようななめらかな感じで。特に2ndは4番線なので、ごきごきした音にならないように気をつけましょう。
[PR]
# by michinokuhitori | 2008-05-06 00:23

チャペルコンサート

6月1日の「チャペルコンサート」に向けて、準備が進んでいます。
プログラムが決まりました。

 『第1部』
          1.管弦楽組曲第1番ハ長調 BWV1066      J.S.バッハ
              ~メヌエット Ⅰ.Ⅱ.Ⅰ
          
          2.管弦楽組曲第3番ニ長調 BWV1068      J.S.バッハ
              ~アリア   
          
          3.協奏曲ニ短調 BWV974         A.マルチェロ/J.S.バッハ
               ~第2楽章 アダージョ “ベニスの愛”    編曲:野村泰則
                 マンドリンソロ 古川里美
  
          4.弦楽のためのセレナード ト長調 K525     W.A. モーツァルト 
               《アイネクライネナハトムジーク》 
                    第1楽章 アレグロ                                                         
          
          5.セレナータ “月ありき                U.D.マルティーノ

          
          6.優美なセレナータ                   A.アマデイ

                         

 『第2部』
          7.さくら                        日本古謡/武満 徹
                                          編曲:野村泰則

          8.小さな空                        武満 徹
                                           編曲:野村泰則

          9.叙情小曲集                      E.グリーグ
              ~愛の詩 Op.43-5               編曲:齋藤文男

         10.二つの悲しい旋律                  E.グリーグ
              ~春 Op.34-2                  編曲:齋藤文男

         11.夢                            E.メッツァカーポ


         12.ポルカ “お嬢さん”                  E.メッツァカーポ              
                


以上、12曲です。
なかなか立派なプログラムです。

・・・・・・あとは、中身です・・・・・・・

みなさんがんばりましょう。
[PR]
# by michinokuhitori | 2008-04-22 22:47

「アイネクライネ」は「マイネクライネ」??

もう3月も終わろうとしています。
6月1日の演奏会まであと2ヶ月余りとなりましたが、それほどみんなのテンションが上がる様子も無く、淡々と時間が過ぎています。本当は3月中に「さくら」と「小さな空」を仕上げてレコーディングしたかったのですが、結局1度もパートが揃うことなく、停滞しています。
やはり人数の少ないアンサンブルに1人1パート的な曲は難しいのかもしれません。

というわけ・・・でもないのですが、モーツァルトの「アイネクライネ」の第1楽章に取り組み始めました。この曲は、弦楽合奏で4パート。
演奏するかどうか迷っていた「ポストホルン」を諦め、代わりに選んだ1曲です。4拍子の曲、ソナタ形式の曲、というのも選んだ理由です。
でも、これが結構難しい。

最初の時に指揮者が「アイネクライネ、どうですか?ギブアップの人いますか?」
と聞いたら、横で「マイネ。」とつぶやく声。(マイネとは津軽弁でダメという意味)
マイネクライネ!・・・・ダメで暗い!   まずいですね~。
「マイネクライネ」にならないように、何とかみんなでがんばりましょう。

この曲は最初の4小節があまりにも有名で誰でも知っているメロディーです。
一見簡単そうに見えますがここが一番難しいかもしれません。
まず、1stと2ndの頭の和音。これは3つの音をジャッ!と鳴らすのではなく、アルペジオ的に。ソの音に向かって広がっていく感じで弾きます。
「ここが揃うと、下から上に向かうエネルギー感のようなものを得られるので、コンミスと同じ速度で、弾く格好から弾き終わった形まで全て模写してください。」
という指揮者からの指示。(コンミス責任重大 ^^;)
このアルペジオのスピードと、どれくらいのクレッシェンドをかけるかで最初の表情は変わってしまいます。

【実験】・・・試しに和音なしで単音ソの音だけで弾いてみました。
 ↓
和音の方が豊かなゴージャスな感じです。柔らかさや量感など、いろいろな要素が託されています。

前半2小節は上行、後半2小節は下降というシンメトリックな感覚ですが、この旋律は分散和音でできていて、和音の大切な進行を砕くことによって生まれた旋律です。そして前半より後半の方が緊張度が高く、3小節目の頭に緊張が必要です。和音がつけられていない、ということでも、単旋律の強さを持たなければいけません。
(ドヴォルザークのことろでもやりましたよね)
2小節目最後の飛び出したDの音、3小節目頭のCの音は非常に緊張度が高く、実際にはぶつかっていないので耳で聞こえることはありませんが、空間にそのぶつかりを感じることが必要です。

また、ここをうまく仕上げるためのもう一つの要素にリズムがあります。
8分休符、4分休符が出てきますが、この休符が大事です。
この休符は緊張感のあるしゃきっとした空気を作らないといけません。中断することが、はっとする出来事でなければならないのです。
2小節目の4拍目の4分休符は断絶。これは次に来る音に期待を抱かせてひきつけるためのものです。決して一休み的な休符ではありません。
まさに、休符も音楽、ということですね。

【実験】・・・最初の音を付点4分音符で演奏してみました。
 ↓
予想以上にダレダレでした^^;
優雅といえば優雅だけど流れてしまいます。きびきびした感じが大きい要素として前面に出てくるので、ここは音響的に空白があったほうがいい。あまり響かない所だとそれほど神経質にならなくてもいいかもしれませんが、チャペルは響くので、消音してください。


最初の4小節だけでかなりの時間を要しそうですが、それだけこの部分が大切だということです。簡単に弾ける曲なんてありませんよね。
[PR]
# by michinokuhitori | 2008-03-28 00:20

街角ミニコンサート


「弘前音楽祭」の一環行事で、市内6ヶ所でいっせいに行われた街角ミニコンサート。
プリマヴェーラは、NHKギャラリーで行いました。
街中からは少し離れているし、駐車場は少ないし、そんなにお客さんも来ないだろうと思っていたのですが、思ったよりもたくさんの人が聞きに来てくれました。
でも、まだ練習不足の曲もあったので、あんまりたくさん来られても困るし、ちょっと複雑な気持ち・・・・


「コンサートはご挨拶も司会もいらない。」と言っていたのに、始まる直前になって「やっぱりあったほうがいいかな~。」と言い始める指揮者。
「顧問にやってもらおう!」と、ビデオと写真の撮影にやってきた顧問をつかまえて、いきなりのお願いでした。
顧問は「そんなの聞いてないよ~」と言いながらもあわててプログラムに目を通しています。
「こういうことは事前に言ってくださいね。」と顧問が言うと、「あんまり早くから言うと心労を与えると悪いから・・・」と指揮者。
「準備ができてなくて悔しいということもあるんです。」と顧問。(喋りたかったんかいw  やっぱり大阪人はノリがいい)


・・・・・という具合に内輪でバタバタしながら、ミニコンサートが始まりました。
でも、コンサートの時に、演奏にかかわらない関係者が一緒にいてくれるというのはとても助かりますよね。
今回も、突然の申し出にもかかわらず、撮影以外に司会も引き受けてくれました。
みなさんも顧問に感謝しましょうね。

NHKギャラリーは音響が最悪で、音が分散してしまうので、かなり弾きにくい場所でした。
まあコンサートホールじゃないから仕方ないですよね。
肝心の演奏は、やはり練習時間の短かかったものは不安でした。弾きこみが足りない分みんなおそるおそるといった感じ。
客席にいた顧問の話では、「さくら」が、いまいち捕らえにくかった・・・とのことでした。でも、所々ほころびがあるというのは別として、全体的にはよく弾けていたと思うし、ちゃんと人に聞かせられる演奏をしていると思ったそうです。
課題はまだまだ山積みですが、とりあえず、今私達が出来ることはそこそこやれたのでは、と思っています。
本番の程よい緊張感、みんなで演奏しているという一体感みたいなものも感じることが出来たし、5月の演奏会(予定)に向けてやるべきことが見えてきたのではないでしょうか?
個々に反省して、次の練習につなげてください。
[PR]
# by michinokuhitori | 2008-02-10 23:12